11月もなかばを過ぎ急に寒さが増してきましたね。

冬は他の季節に比べて空気が乾燥しています。肌も乾燥するとカサカサしますが目も同じように乾燥した空気に水分が奪われてしまい乾燥し易くなります。冬はドライアイになりやすい季節です。目が乾く、疲れやすい、ゴロゴロする、かすむ等の症状がある場合はドライアイかもしれません。

ドライアイの症状は、目の乾きからだけでなく疲れ目から痛みまで様々。
それが一過性の不調なのか、眼球の表面に障害が起きているためなのかは、眼科でのきちんとした検査なしに判断することができません。市販の目薬で水分を補うだけでは十分ではない場合もあります。 また、市販の目薬や水道水による洗眼は、かえって病状を悪化させてしまうこともあります。

主な治療方法は点眼液による治療があります。従来は、水分を補給し、傷ついた角膜を修復するタイプの目薬が使用されていました。最近では、涙の各成分に直接はたらきかけるタイプの目薬が開発されたことにより、ドライアイ患者さんごとの涙のタイプに応じて、正常に機能していない涙の層をターゲットとした層別治療が可能になりました。